ニナファームジャポンのスタッフがイベントの裏話や、本社のある銀座周辺の情報など毎日のさまざまな話題を書いています。

オペラやお芝居を楽しみたいと思ったときには「日生劇場」に足を運んでみてはいかがでしょうか?
ニナファームジャポンからは徒歩12分と少し歩きますが、大きな劇場で公演を楽しむことができます。

日生劇場では、オペラや演劇、ミュージカルなどを楽しめます。
こけら落とし公演がオペラだったこともあり、特にオペラ公演は積極的に行われていて、「ニッセイオペラ」と呼ばれています。

収容人数は1300人ほど。1階席・中2階席・2階席に分かれ、中2階席は舞台に立つ俳優と同じ目線の高さになることから人気があります。

また、日生劇場では演出者や俳優といった表舞台で注目される人たちばかりでなく、裏方を担う人達にもスポットを当て、さまざまな催しが行われています。
毎年開催されている「舞台フォーラム」もそのひとつ。
実際に行われる公演の舞台を題材に、舞台装置や図面、衣装など、舞台の演出に欠かせない道具を製作スタッフが解説してくれます。
若手舞台技術者の育成や支援が目的で行われていて、裏方に興味があれば誰でも参加することができますので気軽に参加しやすいイベントです。

裏方を支える人たちが主役になるイベントがもうひとつあります。
それが「ニッセイ・バックステージ賞」です。
注目されにくい裏方ですが、舞台づくりに欠かせない仕事であることをアピールできる催しとして期待されています。
これまでは、大道具や衣装、照明、音響など、長年舞台を裏から支え続けてきた方が受賞しています。
2017年には、60年以上音響効果に携わった方などが受賞しました。

日生劇場は重厚感のあるその建物が印象的ですが、その独特な世界観は建物の中にまで及びます。
ギリシアを思わせる柱や大理石の床、大階段・らせん階段など建物自体にも芸術を感じさせる造りになっています。
また、建物内には絵画や彫刻といった美術品も展示されていて、公演が始まる前や休憩時間などの少しの時間でも楽しめるようになっています。天井には2万枚のアコヤ貝が使われているそうです。
建物の天井は注目されにくい部分です。日生劇場に訪れた際には、ぜひ2万枚のアコヤ貝を見上げてみてください。

日生劇場のホームページでは、どのようにしてこの劇場が出来たのかを垣間見ることができます。
実際の劇場と見比べながら読んでみると、いっそう劇場のことを知ることができます。

銀座の魅力はショッピングだけではありません。
気軽に立ち寄れる歌舞伎座や大きなスクリーンで迫力ある映画といったを見ることができる映画館があることも魅力の一つです。

和光や銀座山野楽器の建物の裏にある「シネスイッチ銀座」も、映画を気軽に楽しめる施設の一つです。
ニナファームジャポンからは徒歩8分ほどの距離にあります。

銀座駅を出てすぐの場所にあるためアクセスが良く、毎週金曜日にレディース・デーがあることで女性のお客さんが多いシアターです。
女性が割引を受けられるサービスの「レディース・デー」。今では多くの映画館で利用できるサービスです。
このレディース・デーを最初に始めた場所がシネスイッチ銀座といわれています。

また、現在では特定の映画の前売り券を劇場窓口で買うとプレゼントを貰うことができます。
プレゼントの内容は映画にちなんだポストカードやクリアファイルなどの文具をはじめ、紅茶スプーンといった個性的なものや、CDといった豪華なものまでさまざまです。

上映される映画は、話題の映画はもちろん、さまざまな年齢層でも楽しめるようチョイスされています。
多くの口コミサイトでも、映画のチョイスのセンスが良いと評判です。

歴史のある小さな映画館ではありますが、内装は手入れが行き届いていてキレイです。
映画によっては3Dメガネをつかって映画をみることもできます。
3Dメガネはチケット購入時に一緒に購入することができます。一度使用した3Dメガネは持ち帰り可能で、再度3D映画を見にシネスイッチ銀座を訪れた際には、手持ちの3Dメガネを使用することができます。再利用OKなところも嬉しいポイントです。

かつては「シネスイッチ本牧」と「シネスイッチ札幌」の2つの映画館がありましたが、現在は閉鎖しています。
現在残る「シネスイッチ」は銀座のみとなってしまいました。
大規模で最新設備を整えた映画館とはまた一味違った古きよき映画館は、温かみや懐かしさを感じさせてくれます。
その雰囲気を楽しみながら、映画の世界に浸ってみましょう。日常を忘れる瞬間を楽しむことができます。

シネスイッチ銀座のホームページでは、上映中の映画の混雑具合が確認できます。
事前にチェックをしてから訪れれば、どれくらいの観客数がいるかを予め知ることができます。

また、ホームページでは、シアターを訪れたお客さんのコメントを掲載していて、映画の雰囲気を垣間見ることができます。
気になる映画が上映されるときには一度確認してみてはいかがでしょうか?

日本の伝統芸能「歌舞伎」。歌舞伎が見られる場所として歌舞伎座が有名ですが、ニナファームジャポンのオフィスからそう遠くない場所でも見ることができます。
ニナファームジャポンから徒歩5分ほど、演舞場通りをまっすぐ行った先の「新橋演舞場」です。
芸者の技芸向上を目的として1925年に建てられました。

第二次世界大戦末期の1945年には東京大空襲の被害を受け消失しましたが3年後に復興・再開。
その後も改築・改装などを繰り返し今に至ります。
2015年にはビルが売却され、現在の新橋演舞場がある建物は野村不動産銀座ビルとなっています。
歌舞伎座では毎月、大歌舞伎という1ヶ月近く毎日行われる歌舞伎の公演があります。
2010年の歌舞伎座改築工事の際には、新橋演舞場が大歌舞伎の公演場所として使われていました。

新橋演舞場では、最近話題の新しい歌舞伎「スーパー歌舞伎」や、喜劇・演劇といった公演も行なっています。
客席数は1,400席ほど。3階席まであり、より臨場感のある公演を楽しめます。

館内には飲食店や売店も完備されています。
地下2階にはラウンジがあり、食事を楽しむことができます。時間帯によっては俳優さんのトークイベントなどさまざまなイベントが開催されているので、これを楽しみに訪れる人も多いようです。
1階・2階には和食を中心にお弁当などが販売されています。公演がご飯時になることもあるため、食事ができるのは嬉しいポイントです。

新橋演舞場に来た記念には、売店でお土産を探すと良いでしょう。
和装小物やはがきといった日本の伝統を感じられる商品も多く取り揃えられています。
新橋演舞場オリジナルの商品もありますので、一度は訪れたいお店です。

新橋演舞場で見かける家紋のようなマークは、「雪輪」「黒い月」「山桜」が描かれているんだそう。
こういった新しい発見をしながら建物内を歩いてみても面白いですね。

新橋演舞場のあるビルの隣には築地川采女橋公園があります。
小さな公園ではありますがベンチも設置されているので、公演前や公演後には休憩やリフレッシュができます。

新橋演舞場からは築地市場が近いため、時間があるときには美味しいお魚や料理を探してみてはいかがでしょうか?
歌舞伎と新鮮な鮮魚が集まるこのエリアは、日本の魅力を存分に味わうことができます。
築地市場は来年に移転してしまうとのことですから、歌舞伎と築地市場を同時に楽しめる今がおすすめです。

以前この「ニナファームジャポンのスタッフブログ」では有楽町マリオンをご紹介しました。
その有楽町マリオンの後ろには「数寄屋橋公園」という公園があります。
有楽町駅からも近くアクセスが良いため、日中は多くの人で賑っています。

時計台が公園の中にあり、これが数寄屋橋公園の目印となっています。
夜になるとこの時計塔がライトアップされ、また一味違った姿を見ることができます。
公園の中はキレイに整備されていて、都会の中でありながら緑にあふれた公園です。
植えられた植物は定期的に整えられているようで歩いていて邪魔にはなりません。
背の低い植物が多く、視界が広く感じます。

公園にはめずらしくカウンターテーブルがついていて、ゆっくりとくつろぐことができます。
有楽町駅や銀座駅まで電車で来たときには、ここで一旦休憩してリフレッシュできます。
カウンターテーブルがあることで、オープンカフェのような使い方もできます。
カウンターテーブル以外にも公園のあちこちにベンチがあるので、休憩中のサラリーマンや待ち合わせをしている人たちによく出会います。
多くのベンチがあることで、様々な人が訪れています。

夜になると木々がライトアップされ、大人な雰囲気になります。
周りの建物の照明や街灯のおかげで暗くなることがなく、夜になっても安心して利用できるのも魅力的です。
もちろん利用にお金はかかりません。
近くには有楽町マリオンをはじめ、東急プラザ銀座、銀座の中央通りなど、ショッピング施設やお出かけスポットがたくさんあります。
少し疲れたときには公園で一休みというのもいいですね。

人で賑う場所にある公園ですが、公園の中では時間の流れが少しゆっくりになるような感覚が味わえます。
天気の良い日にはぽかぽかと心地よく、思わず長居してしまいそうです。

公園には、「銀恋の碑」や「銀座の象徴 柳並木の碑」といった記念碑が置かれていて、これを読んでいても銀座の歴史を垣間見た気分になれます。
「銀恋の碑」は1961年に発売され大ヒットとなった歌の歌詞が書かれています。
「銀座の象徴 柳並木の碑」は銀座の柳並木の歴史が簡単につづられていて、記念碑をつくるに至った経緯を知ることができます。
ゆっくりと散歩を楽しみながら読んでみると銀座の新たな発見があるかもしれません。

暑かった日々が嘘のように涼しく感じられる季節になりました。
ニナファームジャポンの社内や銀座の街ももうすぐ冬の装いです。
ところで、銀座で毎年恒例となっているイベント「オータムギンザ」をご存知でしょうか?
秋になると開催されるこのイベントは、銀座の様々な場所で見かけることができます。
その中のひとつに「銀座八丁神社めぐり」という珍しいイベントがあります。
今年は11月1日~11月3日の3日間で行われました。
銀座周辺にある指定された11の神社をめぐるイベントで、すべての神社のスタンプを集めると記念品がいただける、というものです。

実は銀座には多くの神社があります。通りに面したわかりやすいところにある神社もあれば、ビルの陰にあったり、百貨店の屋上にもあります。
指定されている11の神社は銀座1丁目~7丁目に点在しています。
銀座通りを1丁目から7丁目まで歩くとおよそ10分くらい。
すべての神社を巡るには体力と時間が必要です。
ほとんどの神社は銀座通りに近く、路地にあってわかりにくい場所はあるものの、迷うことは無いようにできています。

幸稲荷神社は銀座1丁目の護り神として親しまれてきた神社です。縁結びや商売繁盛にご利益があるとされています。
ビルの陰にひっそりとたたずむ銀座稲荷神社は火防、盗難避けのご利益があります。
松屋銀座の屋上には龍光不動尊があります。「龍光」と「流行」が同じ読みであることから、ファッション関係に通ずる人たちにも親しまれています。
朝日稲荷神社は、ビルの地上階である1階に鳥居がある珍しい神社で、本殿は屋上に安置されています。古くより銀座を見守ってきた守護神で、商売繁盛、家内安全の神様です。
銀座駅を出て小道に入ると宝童稲荷神社があります。すこやかな子供の成長にご利益があるといわれている、子育ての神様です。
出世のご利益があるといわれる銀座出世地蔵尊は銀座三越の9階にあります。銀座三越の9階にはテラスが設けられていて、その一角に安置されています。
歌舞伎座を見守る歌舞伎稲荷神社は、舞台関係者から多く親しまれている神社です。舞台を観に訪れるお客様や舞台関係者の平穏無事を祈願して建てられました。
戦後の火災被害からあづま通りを守ったあづま稲荷神社は道行く人が参拝していけるよう通りに面しています。火防・盗難避けのご利益があります。
関東大震災などから町内を守ったとされる火防の神様が祀られている靍護稲荷神社は、現在GINZA SIXの屋上に安置されています。
事業成功・商売繁盛のご利益がある成功稲荷神社は、普段は非公開となっており、この「銀座八丁神社めぐり」のときにしか見ることはできません。
豊岩稲荷神社は最後の難問です。本殿がビルとビルの間に安置されていて、見つけにくい場所にあります。
お手入れが頻繁にしていることがうかがえるキレイさです。ビルの隙間にあることから穴場とも言われています。

「銀座八丁神社めぐり」の際にしか参拝できない場所があるものの、ほとんどは1年を通して参拝が可能な神社です。
神社を巡ることで、今まで見ることのなかった新しい銀座を発見できるかもしれません。
今年のイベントは終わってしまいましたが、休日のお出かけスポットとして参拝してみてはいかがでしょうか?

1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社ニナファームジャポン All Rights Reserved.