ニナファームジャポンのスタッフがイベントの裏話や、本社のある銀座周辺の情報など毎日のさまざまな話題を書いています。

有楽町マリオンは、有楽町駅のすぐそばにそびえ立つ複合施設です。
銀座駅からは地下通路を通ってアクセスできるため、雨にぬれずに行くことができます。
ニナファームジャポンからのアクセスも良い立地にあるのが特長です。
また、有楽町駅はもちろん、日比谷駅からも地下通路で繋がっていて、多くの路線を利用して訪れることのできるショッピングセンターです。

有楽町マリオンは正式名称は「有楽町センタービル」。
施設内には阪急MEN’Sやルミネといったショッピングセンターがあります。休日のお出かけやデートにもおすすめです。

かつては西武百貨店と阪急百貨店が同居する珍しい建物だったのですが、2010年に西武有楽町店が閉店。
その後はルミネが入り、同時期に阪急百貨店は阪急MEN’Sへとリニューアルしました。

有楽町マリオンの特徴はなんといっても映画館の多さではないでしょうか。
施設内にはTOHOシネマズ日劇と丸の内ピカデリーがあり、それぞれ3つのスクリーンを持っています。
双方ともそれぞれ2階分の広さにスクリーンを構え、座席数が多いのも魅力です。
有楽町マリオンのことは一部で「マリオン映画街」「プレミアムシネコン」と呼ばれており、映画館がシンボルとなっていることが伺えます。

2018年にはTOHOシネマズ日劇は閉館してしまうそうです。同時期に開業する「TOHOシネマズ日比谷」が受け継ぐことになっています。
有楽町マリオンができた1984年から有楽町を見守ってきたTOHOシネマズ日劇ですが、老舗の映画館も時代に合わせて変化していく様は寂しくもあり楽しみでもあります。

有楽町マリオンには、他にも芸術が楽しめるホールがあります。
本館丸の内ピカデリーの上の階にある有楽町朝日ギャラリーでは絵画をはじめとする展示物のイベントが多く開催されています。
有楽町朝日ホールは講演会やコンサート、記念式典などさまざまな用途に利用できる多目的ホールです。用途に合わせて座席の配置を変えることができ、最大で772席を用意できます。
プロジェクターも用意されており、映像の出力も可能ですので、ますます用途に富んだ使い方が出来るようになっています。

さらに、舞台芸術を鑑賞できる場所として今年誕生したのが「オルタナティブシアター」です。
日本の舞台だけでなく、世界中のエンターテインメントを発信する地としてオープンしました。
シアターの天井にはLEDシステムが設置されていて、光による演出も可能です。
他にもフライングシステムで演者が宙に舞うシステムを導入するなど、最新技術を取り入れた劇場です。

阪急MEN’Sやルミネでショッピングの後は映画館や劇場、ギャラリー鑑賞もいいですね。
映画館や劇場で芸術を楽しんだ後に、ショッピングやカフェで休憩、といった利用もできます。
充実した休日を楽しめる場所としておすすめです。

ニナファームジャポンがある銀座のおとなり「有楽町」。
有楽町駅中央口前の広場の目の前に建つ大きな建物が目を引きます。「東京交通会館」です。

2階のパスポートセンターや、物産館をはじめとするショッピング、クリニックなど生活に欠かせないサービスからお買い物までサポートしてくれる複合施設となっています。
駅の目の前というアクセスの良さで、日頃から多くの人で賑っています。

東京交通会館の中には、「展示会場」「画廊」「イベントスペース」といった催し会場もあり、訪れる人を飽きさせることがありません。
大きな会場があるため、たくさんの人が訪れる大きなイベントの時に利用されることが多いようです。
10坪ほどの小さなイベントスペースもあり、小規模なイベントにも対応出来ます。
この小さなイベントスペースでは、土日祝日にマルシェが開かれています。
新鮮な野菜や果物、珍しい食材などが並ぶ姿を見て、晩御飯のレシピを考えることもできます。
たくさんのお店が出店していて、多くの人で賑います。

2階のパスポートセンターでは、海外旅行に欠かせないパスポートを申請できます。
東京都旅券課 有楽町分室として、平日に申請を受け付けています。
パスポートの受け取りのみ日曜日も受け付けてくれますが、土曜日と祝日、年末年始はお休みです。
パスポートが必要になったときには、有楽町が近ければこの東京交通会館に寄ると便利です。
その他にも東京都内には、新宿・池袋・立川にパスポートセンターがあります。

3階には屋上庭園が広がっています。この庭園の名前は「有楽町コリーヌ」。
都会の真ん中にある緑の多い癒しの空間です。
キレイに手入れされた庭園にはベンチもあり、ゆっくりとした時間を過ごすことができます。
駅前という立地から、広場の賑やかさや線路を走る電車を見ることができ、さまざまな有楽町の顔を感じられます。
もちろん、入場は無料です。色とりどりの花が目を楽しませてくれます。

キレイな花を保つ秘訣は、お手入れもそうですが、自動で灌水を行う所ではないでしょうか。
自動灌水システムが設置されていて、自動タイマーで水やりを行うそうです。
ガーデニングといえばじょうろやホースを使って水やりを行うイメージがありますが、屋上庭園などの施設や広い公園の場合にはスプリンクラーが使われるということもあるのですね。

東京交通会館には、医療サービスも充実しています。
内科や皮膚科、美容外科をはじめ、眼科や歯科、メンタルクリニックまでトータルにサポートしてくれます。
薬局もありますので、薬が処方された際にも安心です。

アクセスの良さ、サービスの充実といった魅力から多くの人が訪れる東京交通会館。
有楽町で時間があるときには利用してみてはいかがでしょうか。

東京国際フォーラムといえば、数多くのイベントや展示会が開催されている場所です。
イベントスペースなどの収容人数が多いことから、大規模のイベントが開催されることで有名な場所ですが、どこにあるかご存知でしょうか?
ニナファームジャポンのある銀座からも近い「有楽町」駅のすぐ目の前にあります。

「船」を題材にしたガラス張りの建物という近代的で多くの人の目を楽しませるデザインは、有楽町駅周辺のランドマークにもなっています。
東京国際フォーラムの建物は、建築家のコンペを経て、最優秀作品に選ばれたアメリカの建築家のデザインが採用されました。
建物は2棟に分けられ、メインの建物には用途に合わせて使えるホールが、ガラス棟には会議室が用意されています。

毎日のようにたくさんのイベントが行われている東京国際フォーラムですが、そのイベント内容は実に様々です。
各団体のシンポジウムや、芸能人のライブ・コンサート、オーケストラ、季節に合わせたフェス、さらには骨董市といったイベントも開催されます。

10月には、世界各国からオーディオ機器が集まる「東京インターナショナルオーディオショウ」が開催されました。
190を超えるブランドが、ホールに集まる姿は、オーディオにこだわる多くの人の注目を浴びます。
音響など、騒音問題にもなりかねない機器を展示するには、防音設備が整った広い施設が必要です。
コンサートやオーケストラなどの利用にあわせて防音設備が整った東京国際フォーラムだからこそ、こういった音響機器の展示会イベントを催すことができるのでしょう。

開催されるイベントは、一般人向けばかりではありません。
10月12日には日本臨床眼科学会が4日間催されました。
医療にかかわる人の参加が可能となっていて、学生は無料で参加ができるようです。

その収容人数の多さで、専門性に特化したイベントも多く開催されています。
最大規模のホールAでは、5000人を超える収容人数ということもあり、有名歌手のコンサートなども開催されます。

また、東京国際フォーラムが自らイベントを催すことで、さらに会場を活気づけています。
10月6日から3日間を通して行われた「東京味わいフェスタ」では、日本各地のお酒やおつまみがあつまるイベントが行われました。
被災地の特産品を販売することで復興を応援したり、珍しい特産品を販売して魅力を紹介したりと、当日は多くの人で賑いました。

10月27日には、1日限定で地上広場にビアガーデンが開かれました。
「ネオ屋台村スーパーナイト」と名づけられたビアガーデンは冬期を除く毎月1回開催されているようです。
会場が広く、種類に富んだ屋台メニューが食べられます。
夜になると仕事帰りのサラリーマンをはじめ、お酒を楽しみたい人たちが集まります。
美味しい料理や大勢の人が集まることで、東京国際フォーラムを賑やかに演出します。

11月は、ひと月の半分以上の日でイベントが開催される東京国際フォーラム。
アクセスの良さも魅力のひとつです。銀座までご用事の際には東京国際フォーラムのイベントもチェックです!

ニナファームと同じくフランスで生まれたブランド「シャネル」は、ココ・シャネルによって1909年に設立されました。
レディース商品を中心に、服飾や化粧品・香水・ジュエリー・時計などがあります。
年代を問わず、世界中の多くの女性の憧れのブランドでもあり、絶大なる支持があることでも有名です。

今や定番のツイードのスーツや、喪服用の黒い服をモード系のおしゃれなイメージに塗り替えたリトル・ブラック・ドレスは有名で、ファッション界に次々と革命を起こしました。あの有名な映画「ティファニーで朝食を」で、オードリー・ヘップバーンがその黒いドレスを着用したことでも話題となりました。常に時代の先端をいくシャネルは、世界中のセレブやおしゃれな人たちの間で、人気ブランドとなっています。

そのブティックは世界各国にあり、日本でも、北は北海道から南は沖縄まで、全国的に展開しています。なかでも、2004年12月に銀座3丁目にオープンした銀座ビルディングは、ブティックだけではなくアートも美食も堪能できるという点で、多くのファンの心を掴んでいます。この建物の設計は、世界的に有名な建築家であるピーターマリーノが手がけており、先鋭的かつラグジュアリーな要素を兼ね備えた上にユニークな雰囲気もあります。

1階から3階は、ブティックスペースになっており、プレタポルテや、レザーバッグ、シューズ、アクセサリーなど、たくさんのファッションアイテムがまるで美術館のアート作品のように並んでいます。サングラスやフレグランス、化粧品などもあり、見ているだけでも充分に楽しむことができます。

4階には、音楽やアートなどのイベントに使用できるネクサスホールを設け、5階から9階の中階層はオフィスとなっています。

そして、最上階の10階には、ベージュ アラン・デュカス 東京があります。ファッションブランド・シャネルとアラン・ デュカス・エンタープライズのコラボレーションとして誕生しました。厳選された最良な食材を最大限に使用し、洗練されたフランス料理をいただくことができます。シンプルでエレガントな空間が非日常的なゴージャスさを演出します。何かの記念日や特別な食事の時や、ビジネスシーンでも大切な時間をゆっくりと過ごせる事で好評です。 また、毎年春からオープンする屋上テラスのル・ジャルダン・ドゥ・ツイードも、おしゃれな屋外感を楽しめます。

そういった意味で、銀座ビルディングは、ブティック・アート・美食、全てを満たす魅力満点の建物となっています。

フランス ニナファーム社はパリのヴァンドーム広場にオフィスを構えています。ヴァンドーム広場には多くのラグジュアリーブランドの店舗が立ち並んでいますが、その中でも有名なブランドの一つとして挙げられるのがカルティエではないでしょうか。
カルティエと言えば、誰もが知るフランスのジュエリーや高級時計の一流ブランドです。1847年創業のカルティエは、格式高く伝統あるブランドとして、男女問わず世界中の人たちの憧れでもあり、常に高い人気があります。

カルティエのブティックは、世界各国に展開されており、日本においても全国各地にあります。
2016年9月には、銀座に「カルティエ 銀座ブティック」がオープンしました。日本でのフラッグシップストアとなる本店です。
数年という長期間の工事を経て、4フロアで1000平米を超える壮大な空間をもつ、ダイナミックなつくりです。

銀座ブティックは、ニナファームジャポンからも近い銀座中央通りに位置しており、その格式ある町並みに見事マッチした、とてもおしゃれで壮大な印象を与える外観となっています。
周辺にはブルガリやシャネルといった高級ブランドのフラッグシップストアが並び、銀座の高級感を感じられます。
銀座ブティックの入り口を通り抜けると、イタリアから送られてきたという7メートルもの大きさのシャンデリアが現れます。何とも高級感があって、圧倒されるインパクトです。

地下1階は、レザーグッズや小物などがメインです。バッグや財布などのレザーグッズがあります。ペンなどの小物や、男性用のカフリンクスやライターなどのアクセサリー類も、揃っています。

1階はハイジュエリーやジュエリーが並びます。見ているだけでもうっとりしてしまいそうなジュエリーが、たくさんの人の目を楽しませてくれます。
シンプルなものから、芸術作品とも呼べるほど凝った繊細なデザインのものまで数多く揃っています。
指輪やネックレス、ブローチ、ブレスレットなど、その美しさに魅了されてしまいます。

2階は、高級機械式時計と時計のフロアです。
1階から吹き抜けになっていて、飾っているシャンデリアの周りをジュエリーのように美しい時計たちが取り囲みます。
シャンデリアの輝きと時計の輝きが兼ね備わって、相乗効果とも思える光の美しさを感じることができます。

最上階となる3階は、ブライダル&ダイヤモンドのフロアとなっています。
結婚して、これから幸せになっていく2人の門出を祝福するかのように、明るく落ち着いた雰囲気を醸し出しています。
共に歩んでいく、幸福の記念となる指輪を選ぶことができます。

銀座ブティックでなら、大切な人にピッタリのプレゼントがきっと見つかることでしょう。
カルティエのプレゼントの包みを目の前にし、相手の喜ぶ満面の笑顔を想像しながら商品を選ぶのも楽しそうです。
大切な相手だからこそ、一生の思い出となる素敵なプレゼントを渡したいものですね。

« 1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社ニナファームジャポン All Rights Reserved.